2008年06月28日

輪行に!簡単折りたたみでスポーティーなGiant MR-4F

MR-4F_0
Giant MR-4F

 梅雨でジメジメの日が続き、サイクリングもちょっとお休み状態です。
 そんな中、事務局の「オハナ」に行くと、「NさんのMR-4入ったよ〜!見てみる?」とのことで、見せてもらいました。

 昨年から輪行サイクリング「鯨のまち・太地へ輪行サイクリング(2007/11/18)」御坊輪行サイクリング(2008/4/29)」などを行ってきたのですが、当協会の会員でもあるNさんは所用で参加できませんでした。

 しかし、みんなの「○○餅おいしかったで〜」「○○をツマミに一杯は最高やで〜」なんて話を聞くとタマラナクなったようで、MR-4を注文してしまったそうです。

 さて、このジャイアントMR−4Fですが、メンバーのみんなも注目していた自転車です。

 折りたたみというと、BD-1などが有名ですが、ホイールが20インチというのがちょっと苦しい。

 このMR-4は24インチのホイールに細めのタイヤで、なかなかにスポーティーな感じです。なるほど、「ロード並みの走行感」と評判なのもうなずけます。


MR-4F_1 フレームもアルミのピカピカなので、メカニカルな感じがいいですね。

 パーツはシマノのSORAなど。MR-4の上位車は、105などにアップしますが、必要十分な構成です。
 パーツはロード用のものを使っているので、不満があるところだけアップグレードしてもよさそう。



MR-4F_2 折りたたむときは、Fホイールを外した後、Rサスユニットを外します。
 そのあと、BB部分を軸に下に折り曲げて、フォークがリアタイヤをはさむまで、ぐるりんと折りたたみます。



MR-4F_3 「ぐるりん」した図です。

 これでかなり小さくなりますが、さらにシートを抜いたり、ステムを回してハンドルを横に向けたりするとかなりコンパクトになります。


 タイヤ幅が1インチ(25C相当)なので、もう少し太い28Cくらいでもいいかな?とも思ったのですが、24インチのロードタイヤは少なそうだし、ブレーキアーチのクリアランスが少ないので太いタイヤは難しそう。
 それに、太くしてしまうと「ロード並みの走行感」が落ちてしまうので、これはこれでいいのかも。
 なかなか手に入らないタイヤなので、出かけるときは予備タイヤ・チューブは必須かも。(チューブは付属しています)

 ちなみに、オーナーのN氏は、帰りの駅に着いたら一刻も早く輪行袋に入れてイッパイ飲みたいとのことで、ペダルを折りたたみ式に、輪行袋も大き目のものを注文中とのことでした。

 次の輪行サイクリングでは、ぜひ乗せてもらおうっと。

posted by スタッフ・つ〜 at 19:43 | 和歌山 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車いじり〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この自転車で輪行する夢が馬場の唯一の夢です。
Posted by やまんば@糖尿病 at 2012年07月03日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101745309
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
<トップページへ戻る
おすすめデジタルカメラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。